竹書房




■2017年7月27日発売
■収録作■
・ササクレ・クロニクル
・ササクレ・スパイラル 前後編
・塾の講師がモサ専で淫乱だった話 by三田悠介(ササクレ番外ショート)
・隣人

【描下ろし】11P
・トーク2P
・「大志*finally…!!」9P






■2015.8月7日発売
■収録作■
フェイク♂ / フェイク♂2
ササクレ・メモリアル-Returns-
迷う男-FINAL QUEST?-

【書下ろし】16P
ショート「仏田☆Finally...?」(フェイク番外) 10P
他描下ろしページ 6P






■2013.12月17日発売
■収録作■
君さえいれば…/君さえいれば…sideB/
君さえいれば…AutoReverse/
君さえいれば…Endless/
正しい(?)室内犬の育て方(番外short)/
ケンジロウと歩けば…(「ブルと歩けば」コラボshort)

【書下し】11P + カバー・カラー口絵
・11P(番外short「町田家再び」7P + カット・後書き4P)

旧版ではコミックス「懺悔」に収録されていた一話(当時は読み切りのつもりだった)を
今回の新装版「君さえいれば…」に収録し、ようやく一冊にまとまりました。
口絵カラーもはりきって書き下ろし。
DIVEや他の出し直しコミックス同様、見返すのが辛い作業でしたが、あえて修正なしでの収録です。
今以上に絵に癖があって、初見の方にはややカバー詐欺かもしれません。。。
トークでも言い訳してますが、今見ると耕造が老けすぎ・笑
そんなわけで、書き下ろしでは少々若返ってます。





■2012.10月27日発売
■収録作■ 
ササクレ・メモリアル
ササクレ・メモリアル sideB
ラブデカ/ラブデカ2
迷う男ChristmasLimitedEdition
迷う男in summer2009(2P)
渡る世間は××ばかり(ラブデカ・迷う男コラボ4P)

【書下ろし】7P
ショート漫画「車掌な彼氏」4P+セルフレビュー3P

程度のばらつきは置いといて「変態」というテーマでなかなかまとまったように思う一冊。
自分的には、読み返した時に適度な軽さであまり恥ずかしさがなく(え?)満足感があるものの・・・
だいたい自分が気に入ってる本はあんまり受け入れられない…そんな嫌な予感がする・苦笑(前例/後ろの正面
Darling)今度は表紙が黄色だから!という言い訳がきかないのが辛いところです(黄色は売れない…的な話を
編集さんから聞いたことがあり)
変態を描く理由をしみじみと考えてみたんですが、変態が好きというよりも、せっかく漫画なんだし「イケメン」を描
かなければ…という重圧からの逃亡のような…そんな感じなのかもしれない・苦笑
いつか一週まわって「スーパー攻め」が描きたくなったりするんだろうか…
(ちなみに読み手モードではスーパー攻め、嫌いじゃないです)たぶん自分が書くと「嘘くさっ」って思うからなんだ
ろうな・・・





■2008.09月17日発売
■収録作■ 
「迷う男」1話〜3話
「Heaven」(ルーム・メイト続編)
「明日のBL」(エッセイ漫画)

【書下ろし】11P
迷う男+Punch↑コラボ漫画8P+他3P

自分的には色々悩みつつもかなり楽しんで描いたシリーズです。
主人公はPunch↑act.2に登場した事もある御園生。
御園生主役で描きたいと思いたったものの、リブレさんではPBBとPunch↑が継続中だったので
独立したものとして竹書房さんで描かせて頂くことになりました。(双方の編集部のご承諾を頂いた上)
マニアックでエロ度も高いですが、私自身は純粋な恋愛物として描いてるつもり・・・です^^;
現在、コミックス未収録の続編(一年後の二人)があり、次回コミックスに収録予定です。
2巻になるかどうかはまだ不明・・・
書下ろしは、リブレさん・竹書房さん編集部のご承諾を頂いた上で、初の他社作とのコラボ漫画を描きました^^
また、ドラマCD「Punch↑」には、こちら「迷う男」主役の御園生(cv.笹沼 晃氏)も登場してますので、そちらもどう
ぞ宜しくです!





■2008.09月17日発売
■収録作■ 
「DIVE」「おまけのDIVE」
「Trouble Twin秘密の僕ら」
「兎の城」「さよなら僕のドルフィン」

【書下ろし】5P
「癒し職人 文吾」(犬漫画)4P+あとがき1P

ビブロス社(現リブレ出版)より発売され、絶版になりました「DIVE」と「兎の城」から抜粋された数タイトルを、一冊
にまとめたものです。竹書房さん・麗人セレクションDXのレーベルより刊行。
久々に原稿を見返さねばならず、なんとも恥ずかしい作業でしたが、当時の事が思い出されて色々感慨深かった
です。
同時収録の漫画の殆どが、まだ「漫画」というものを描き始めて間もない頃のもので、至らない所も多いのですが
宜しければ、手にとってやって下さい。
「兎の城」はこれ以前に一度、既に新装版として復刊してますので、これが最後の復刊ではないかと・・・





■2006.06月17日発売
■収録作■ 
「ナツコイ」
「フユコイ」
「ルーム・メイト」
「パラサイトvハニー(こんな男に誰がした2)」
「ムジナ」
「ブル再び2001」

【書下ろし】10P
「雨宮くん〜3years after〜(9P)」+トーク1P

カバーデザイン…レインボーカラーできたか!!(笑)、と。
クールなかわいらしさにまとまっていてとても気に入ってます。
中身は…意外とエロ度が高くて驚いてます。(一部お下品が過ぎる部分もありーの)





■2004発売
■収録作■ 
「後ろの正面Darling」
「TOUCH ME ベイベv」
「隣のオタク」
「あの仔が欲しいv」
「release」

【書下ろし】7P
1P漫画×収録作全てを描きおろしてます

ハートマークのついたタイトルがふたつも…。全体的にコメディが多めです。デコトラやギターなど、初めて描いたも
のが多く、どれも楽しく描きました。本のデザインがトータルでとても気に入っています。ところで、カバーが黄色だ
と売れないという話を聞きました。それでもいいからぜひこれで、と強気で行ったはいいが……どーなんだお前?

店頭用POPを見る





■2003発売
■収録作■ 
「こんな男に誰がした」
「37℃」
「散財エクスタシー」
「クロイトビラ」

【書下ろし】3P
「奥様は無職。(こんな男に…short)」2P+トーク1P

シリアスめのものを集めた一冊。一応全てハッピーエンド・・・なはず。 





■2001発売
■収録作■ 
「君さえいれば・・・」(act2〜4)
「ライトハンドマン」

【書下ろし】10P
「正しい室内犬の育て方。in町田家」6P+キャラ紹介など4P


「懺悔」収録の読みきり「君さえいれば・・・」の単独本。堂々と親父本。





■2000発売
■収録作■ 
「苦い果実」
「月さえも狂う夜」(前後編)
「BLUE PERIOD」(「ラストキスから〜」番外・過去編

【書下ろし】9P



ハッピーエンドは表題作だけというマニアック本。「花組仁侠伝」の脇キャラ、東が主人公の話も収録





■1999発売
■収録作■ 
「ブルと歩けば・・・」(act1〜4)
「プロジェクトR(ロビンソン)
「GET !」
「章太君と松千代君。」

【書下ろし】6P

犬の良さを布教したいと思いつつ、逆をいってしまったような一冊・・・





■1998発売
■収録作■ 
「懺悔」
「RISKY」
「君さえいれば・・・」
「教師B」

【書下ろし】5P

登場キャラの平均年齢の高さは過去最高かもしれません。・・・親父本・・・





■1997発売
■収録作■ 
「$10」
「トカゲのしっぽ」
「美しく、やさしい君。」(前後編)

【書下ろし】3P

お好み焼きみたいな一冊です。





■1996発売
■収録作■ 
「ラストキスから始めよう」
「OUT OF BLUE汚れた天使
「ズルい男」
「瞬きの季節」
「吸血と給血と。」

【書下ろし】15P
「ラストキス番外・本編まで何マイル!?〜ブラザージェイクの多な日々」8P
メイキング漫画4P+トーク・カット3P

メロドラマ度高し。でも当時の麗人ではこういうノリのものが多かったような・・・